イバジョこむ春

1964年7月生れ
茨城県の田舎に4人兄弟の末っ子
3女として産まれる。

 

3番目が長男、私とは7歳はなれています。
私は忘れた頃にぽこっと産まれ
名前はどうでもいいみたいな感じで
マンガからとったと聞かされています(^ё^)
男の子が欲しかったのに、女の子だったので
わがままな父は「帰る!」と
さっさと帰ってしまったんだとか(笑)

幼少時代

小さいころから田んぼを走り回り、木登り大好き♪
活発な反面、読書も好きで
暗記するほど読み込んだ本がつるにょうぼう。
今でいう鶴の恩返しですね。
絵を描くことも好きで、水彩画やマンガをよく書いていました。
このころの夢は、漫画家になることでした。

 

稲刈りの時カマで指を大けがし
今でも傷は治らず、勲章的にのこっています。
なぜか近所では、おとなしいいい子で通っていました。
小さいころから外面はよかったようです。

 

中学生時代

元気な小学校生活をおくり、地元の中学校へチャリ通学。
途中からヘルメット着用に。
運動は得意で、バスケット部へ入部。
その後、友達の誘いでバトン部へ転部。
最終的にブラスバンド部へ。
小学生の頃から、何を考えているのかわからない、、、
とよく言われ、先生を心配させたが
それは中学生になってからも同じだったらしい。
自分では、どこが変なのかさっぱりわかりませんでしたが。

 

卒業式の日、担任に呼び出されて
コンコンと話を聞かされる。
何を言われたのかさえ覚えていない(笑)

 

田舎で遊ぶものがないので
とりあえず勉強をしてみた中学時代。
成績が上がり、某進学校へすすめられるものの
1時間のバス通が嫌で、地元の高校へ主席入学。
(ちょっと自慢(笑))

高校生時代

学校をさぼり、原チャリの免許を取りに行き
偶然友達と会い焦る(笑)
みごと合格♪
免許を手にし、隠れて裏山から高校へ原チャリ通学。
制服のスカート姿で
50CCモンキーをまたいでルンルン♪と通う。

 

高校生になっても、相変わらず何か違う!
と、先生に心配をかけていたらしい。
自分では理由がさっぱりわからなかったが。
相変わらず遊ぶものもない田舎なので、とりあえず勉強してみる。
成績優秀(笑)大学進学をすすめられるも
行く気がないと駄々をこねて先生を困らせる。
このころ、はじめて先輩からラブレターをもらう。
(顔も知らない人だった(笑))

 

肥りやすい家系に育ったため
体質的に太りやすく、気を付けてはいたものの
気が付いたらおまんじゅう顔に。
身長154.5cm 体重52kg。
人生でMAXの体重!

美容学校時代

やりたいことが見つからず
兄が美容師だったので、とりあえず美容学校へ行く。
面倒なバス通1時間。学校でほぼ居眠り(笑)
喫茶店でアルバイトを始める。

 

友達に貸した原チャリが盗まれる(ノ◇≦。)
幸いにみつかったケド・・・ ((o(-゛-;)

美容師時代

美容師資格をとり
インターンを経て美容師として働き始める。
刈上げが苦手。
真面目に働き、指名もいただいたが
思うところあって美容師をやめ
医療系の仕事につき
最終的に長年医療に従事をする。

真面目に働いた時代

わがまま放題、利己主義的な学生時代を経て
大人の世界に入り
長いものにまかれることを覚える。
流れに逆らわず
歩調を合わせて生きて行くことを覚えた
大切な時代でもあります。

 

勘が鋭い!考えていることがわかってしまう。
言ってほしい答えをだしてくれる!
などと人から言われるようになる。
不可解・・・

このころからお腹の具合が悪くなり、ガスが溜まるようになる。
胃薬を飲んでも治らず
神経性の薬を飲んでも治らない、地獄の痛みが何年も続く。
ただ、ガスが抜けるとすっきりしてしまうので
特に病院にもいかなかったが
ひどいときは毎日激痛に襲われ
仕事中、家に帰って横になったりすることも。

 

このころは、身長157cm 体重49kg位。
なぜか大人になってから身長が毎年1cm伸びる(笑)
このころから健康に興味を持ち
サプリメント管理士の資格をとる。

 

ネット検索中に、デトックスティーの存在を知り、なんとなく飲んでみた。
あららーーお通じが一気に来て、1週間で3kg減!

 

不思議なことに、お腹の痛みがまったくなくなった(☆。☆) ビックリ
色々調べた結果
私のお腹の痛みは、腸内に残っていた滞留便が原因だった!
という結論に達しました。

お腹がすっきりしたら自然と痩せ
最近は時々運動もしています。
そして、今現在、全くお腹の痛みを感じることなく、健康にすごしています。

 

40代で目覚めたアンチエイジング!

目覚めたきっかけは、ある人の一言でした。
「疲れてるの?」
別に疲れているわけでもなく健康そのもの。
まったく意味がわからず??
あるとき、携帯で自分の顔を撮って、意味がわかりました。
すごいたるみ!!!
目の下のたるみ・ほうれい線のたるみに愕然としました。
ああ・・確かに疲れているように見える・・・
それからです。アンチエイジングに目覚めたのは!
すでに40代。
このまま年をとるのだけはイヤ!
そして、今のワタクシができあがりました。

 

2012年6月
認知行動療法セラピスト(心理カウンセラー)の資格をとり
同時進行で、レイキティーチャーの資格をとりました。

 

<取得資格等>
サプリメント管理士
認知行動療法セラピスト(心理カウンセラー)
レイキマスター

 

●好きな食べ物
ハンバーグ・カレー・野菜

●嫌いな食べ物
お刺身など生物

●長所
いつも笑っている

●短所
地上にしっかり根を生やした下半身(笑)

●好きなアーティスト
えぐざいる・エンヤ

●好きな場所は
こたつ

●生まれ変わったら?
絶対玉の輿♪

●好きな言葉
やってやれないことはない
楽しいから笑うのではない 笑うから楽しいのだ

 

スキンケアを長年試していると、どういった化粧品が良くて、どういった風に良くなっていくのか・・・ということがわかってきます。
微妙にアイテムを変えながら、それでもやっぱり戻ってきてしまう化粧品ってあるんですよね。
そうやって自分のお肌に合う化粧品に出会え、お肌が変わっていく。

 

でも、ある時気付いたんです。
お肌は生もので、本当の意味で艶肌を生み出すのは体なんだと。

 

艶肌は健康な体に宿る!
不健康な体に艶肌は宿らない!

 

お肌が艶々していて、生き生きとしている人って
健康状態が良く体の中も艶々しているんですよね。
体調が悪い時は、肌艶もなくなってくることを考えると
そうだよな~と思える部分。

 

そういうこともあり
次第に体の内側にも目を向け始めた時
健康を司る免疫力にたどりつきました。

 

免疫力は誰でも持っているものなのに
免疫力が高い人もいれば低い人もいる。
調べていくと、免疫力は年齢と共に低下していくものだけど
何歳になってからでも上げることは出来る
というがわかりました。

 

免疫力って、あまり意識しないと思うんです。
でも、この免疫力こそが、健康のカギであり、艶肌の一番のポイント!
免疫力が上がれば、病気を寄せ付けないのはもちろんのこと
いらいらやストレスも感じにくく
お通じの悩みも睡眠の悩みも、あらゆるものが良くなっていくんです。

 

また、生きていく上では、精神面でも悩ましいこともでてきます。
健康には心の健康も深く関わっていて
メンタルが不安定でも免疫力が下がり、体調を崩したり肌艶が無くなったりしてきます。

 

艶肌美人=高い免疫力 + スキンケア + 健全な心

 

そしてその免疫力を支える基本は、食べる・寝る・巡る!

 

この3つのバランスがとても大切。
このブログでは、健やかな肌・健やかな体のことを取り上げています。

 

サイト内の情報は免責事項をご覧の上、ご利用ください。