化粧品はなぜ高い

 

ご存知の通り、化粧品には、価格的に安価なものから高価なものまで、数えきれない位出回っています。
そこで悩むのは、高価な化粧品の方が肌にいい影響があるのかどうかということ。
心理的には、高価なほうが肌が変わる!というようなイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか。
化粧品の価格は、色々な要素が絡み合って決められています。

 

心理的要素

化粧品は、女性に夢を与えてくれるもの。
これを使えば、肌が今よりきれいになる!という夢。
女性の多くは、それを期待して使う人が多いかと思います。
「夢」に対しての付加価値もあるでしょう。

 

宣伝費

TVCMでは、必ず肌がきれいなタレントさんを起用して宣伝します。

 

それは、「あんな肌になりたい」と思わせるためなのでしょう。
これも心理的に働き替える技なのですが、そのために起用されるタレントさんの費用や、宣伝費がかかります。
その費用を化粧品に上乗せしてあるのが一般的。つまり、使う私達は、その費用を支払っているのです。

 

原料の違い

化粧品に、どんな原料を使っているかも価格に反映します。

 

一般的に多く出回っている原料は、比較的安価に仕入れることができますが、希少価値が高い原料を使えば、価格は高くなります。

 

例えば、アンチエイジング成分に、EGFという成分がありますが、この成分は、ノーベル生理学・医学賞を受賞した成分です。
当時は、1gにつき1000万円ともいわれた成分です。こういった高価な成分を使っている化粧品は、価格に反映されます。

 

また、化粧品会社が独自に開発している化粧品もあります。
そういった化粧品は、研究開発費が加算されるため、効果になりがちです。

 

技術の違い

皮脂膜に守られている肌に化粧品を浸透させるためには、分子量を小さくする必要があります。それには、浸透技術が必要になります。
ナノ化して肌に浸透しやすくする技術は、最近はすでに一般的に使われていますが、更に浸透力を高めたリポソームという浸透技術などを使っている化粧品は、更に研究開発費がかかりますので、それらは化粧品代に加算されます。

 

ボトル・パッケージの違い

基礎化粧品のボトルには、プラスチックのものもあれば、瓶のものもあります。
遮光性の瓶のものもあります。

 

これらは、基礎化粧品の性質で使い分けているものもあれば、コストダウンをするためにプラスチックを使用している場合もあります。
また、詰め替え用がある化粧品もあれば、詰め替え用をあえて用意していない化粧品もあります。

 

手を出しやすい価格帯を意識しているメーカーならば、プラスチック容器を使ったり、詰め替えを用意したりしています。
しかし、基礎化粧品そのものに高級感を出したいメーカーは、詰め替え用をあえて用意していないし、包装も過剰と思えるくらいお金をかけます。
ノーベル賞を受賞した成分を使っている化粧品は高級ですが、そういったメーカーほど、ボトルも包装もお金をかけている傾向があります。

 

また、空気に触れると変質しやすい成分を使っている場合は、1度出したものは戻せないようになっているエアレスチューブ・エアレスボトルを使っている化粧品もあり、これらもやや高価になります。

 

化粧品を選ぶ基準

上記のように

・心理的要素
・宣伝費
・原料の違い
・技術の違い
・パッケージの違い

など、いくつかの要素が絡みあって、化粧品の価格は決められています。

 

デパートで販売されている化粧品は比較的効果で、ブランド物もありますが、お手頃価格のちふれ化粧品も扱っていたりします。

●⇒プチプラコスメ ちふれ化粧品はなぜ安い?

 

デパートでは、恐らく、信頼性で扱っているのだと想像します。

 

では、化粧品を購入するときは、何を基準に選べばいいのでしょう。
それは、「自分はどうなりたいのか?」だと思います。

 

肌が安定して潤って、しわもシミも目立たない20代ならば、守るだけの化粧品でもいいでしょう。
守るだけの化粧品でしたら、比較的安価に手に入ります。

 

しかし、年齢を重ねていくにつれ、守りの化粧品から攻めの化粧品へシフトをする時は必ずきます。
そうなったら、ノーベル賞受賞したEGFなど、攻めの成分が配合してある化粧品を使うのがいいかと思います。

 

例えばシミやくすみ。ある程度の年齢になればほとんどの女性が悩まされます。
私は、ビーグレン化粧品を使っているのですが、それはシミに効果的だから。

・ビーグレン独自の世界特許取得を取得した浸透技術を使っている
・エアレスチューブを使っている
・パッケージが高級

安価ではないけれど、べらぼうに高価というわけでもなくて、その攻めの効果を見れば納得できます。

 

●⇒顔のシミが消えた!ものすごい美白力!ビタミンCとハイドロキノン