シミ消し方法

 

いつしか顔に浮き出てくる茶色いシミ。
一般的に多いシミは、老人性色素斑といって消えやすいシミですが、この老人性色素斑も、濃くなると消えにくくなります。また、老人性色素斑の中には、盛り上がってくるものもありますが、これも厄介なシミで、なかなか思うようになりません。

 

老人性色素斑は、どうしてできるのかと言ったら、その多くは紫外線の影響ですが、そのほとんどは、子供の頃から肌奥に蓄積されたものです。コップに水を入れればいずれはあふれてきますが、シミも同じです。肌奥に少しずつ溜め込まれ、いっぱいになった時にあふれでてくるのです。

 

シミケアは、早ければ早いほど消えやすくなります。シミが出てきてから慌ててケアをするよりも、シミがあふれ出てくる前に予防ケアを始めると、シミに悩まされにくくなるかと思います。

 

では、シミが目に付くようになってからはどうすることもできないのかというと、そういうわけでもありません。
方法はあります。最初に、消えるシミと消えないシミをあげてみます。

 

消えやすいシミ

老人性色素斑

シミの中で一番多いシミ。紫外線の影響でできるシミです。

 

炎症性色素斑

ニキビあとにできやすいシミ。炎症のあとが残ってしまいシミにようになってしまったものです。

 

肝斑

更年期に出来やすいしみ。左右の頬のあたりに、もや~っとしたシミができます。

 

消えにくいシミ

ソバカス

遺伝的要素があるため、消えにくい。薄くなる場合もある。

 

脂漏性角化症

老人性色素斑が盛り上がったもの。

 

消えやすいシミを消す方法

シミケア方法には2つあります。美白化粧品を使う方法と、サプリメントを取り入れて、体の中から美白をする方法です。

 

私が最初に試したのは美白化粧品です。
しかし、美白化粧品を使う時に勘違いが起こりやすくなります。
まず、同じシミでも、薄くなっていくスピードは違うという事。
あとは、シミよりも、顔全体のくすみのほうが早く効果がでるため、シミが目立ちやすくなります。その時に、シミが濃くなった!という勘違いをすることがあります。

 

肌くすみが消えた

 

肌くすみが消えた美容液

 

この2枚の写真を見てもらうとわかるかと思いますが、目の下にあったあざのようなくすみが最初に消えていきました。そのため、目の下にあるシミが目立ちやすくなります。

 

ハイドロキノンクリーム使用後

 

継続して使っていくと、そのシミも目立たなくなってくるし、顔全体も明るく透明感がでてきました。
シミには、薄くなっていく順番があるのです。
シミは、子供の頃からの紫外線の蓄積からできてきます。
長い時間溜め込んだメラニン色素が表面化してくるわけですから、ちょっとやそっとケアしたぐらいでは、その効果を実感することはできません。お肌は生ものです。約1か月をかけてターンオーバーを繰り返し、その中で、新しい肌細胞が生まれていくのです。

 

今あるシミが目立たなくなたっとしても、シミの種はたくさん肌奥にあります。美白化粧品は、予防も含め一生使うつもりでケアをするのがおすすめです。

●⇒私が使っている美白化粧品の口コミはこちらです

 

また、体の中から美白を併用するのもおすすめです。年齢を重ねれば重ねるほど、外からのケアには限界があることに気づきます。
肌は体の中の細胞が生み出します。体の中が健康であれば、それに比例して健やかな肌が生み出されます。
食生活が乱れて、栄養失調状態になれば、細胞にも栄養分が届かないため、それは肌生成にも関わってきます。
私は、抗酸化力が高く、美白効果もあるプラセンタサプリメントを摂っています。

●⇒プラセンタサプリメントの口コミはこちらです