白髪予防方法

 

年齢と共に目立ってくる白髪。白髪を抜いても、その後に生えてくる髪は白髪です。
髪の色は、メラニン細胞が生み出しているのですが、そのメラニン細胞が老化し、色を生み出せなくなってしまうことが関係しています。

 

白髪に関しては、まだ未解明の部分が大きいのですが
ある程度年齢を重ねたら、白髪を予防するケアをすることで、白髪が目立たなくなる可能性もあります。

 

白髪予防方法

白髪染め、パーマ

白髪染めに使われる薬剤やパーマ液などは、頭皮に悪影響をもたらします。
染めた後は、しっかりと薬剤を流すようにしましょう。

 

紫外線

紫外線が肌に悪影響を与えることは知られていますが、それは頭皮においても同じです。
紫外線を浴びた頭皮は傷つきやすく、メラニン細胞の活動にも悪影響があります。
紫外線は、夏だけに降り注いでいるわけではなく、1年を通して、地表に届いています。

 

日傘や帽子などで、紫外線を予防するのがおすすめです。
UV加工がされている日傘の場合、UV効果の寿命は約2年です。

 

生活習慣

生活習慣病という言葉があるように、生活習慣が乱れると病気の原因になることも多いのですが、それは白髪に関しても言えます。

 

栄養バランスの乱れ
睡眠不足している
運動をしない
日頃からストレスを感じている

 

こういったことが絡み合っています。

 

白髪予防にとりたい栄養素

バランスの良い食事

●たんぱく質
●アミノ酸
●ミネラル
●ビオチン

 

食生活での栄養バランスを整えることは欠かせませんが、中でも髪の材料になる栄養素や、その栄養素を代謝したり、活性化するためには、上記のような栄養素が必要になります。
摂りきれない時は、サプリメントで補うのがいいかと思います。
私は、プラセンタサプリメントを摂っていますが、これらの栄養素を補うことが可能です。
プラセンタは白髪予防にも役立ちます。

 

質の良い睡眠をとる

白髪予防のためにも頭皮のためにも、質の良い睡眠時間は確保したいところ。
疲れた細胞は、眠っている間に修復されるのですが、その時間は約6時間。
人が、健康を維持するうえでの理想の睡眠時間は7時間だと言われています。

 

睡眠時間が少ない人は、健やかな髪を生み出す細胞や毛母細胞、色素細胞などに至るまで、不完全な状態が続きやすくなるため、白髪にも影響を及ぼしやすくなります。

●⇒これでもう大丈夫!眠れない時の対処法まとめ

 

運動をする

運度をすることで、血液の循環力が高まりやすくなります。
血液が細胞の隅々まで届くということは、栄養分や酸素も十分に届くということになります。

 

私達の体は、血液が酸素を運び、栄養分を運んでくれるから維持できるようになっていますが
それは頭皮においても、毛母細胞においても同じです。
年齢を重ねるにつれ、血液循環力は低下してしまいますので、運動をして、流れを整えることは大切になります。

 

ストレスを溜め込まない

多少のストレスは、生きていくうえでのガソリンになるものですが
過剰に溜め込んでしまうと、自律神経のバランスも乱れて、血液の流れを悪くしたり、活性酸素を増やすことにもつながります。

 

ストレス解放法は、人により様々ですが、運動をすることは、ストレス解消にも役立ちます。
また、趣味を楽しんだり、好きなことを楽しむ時間も持ちたいところですね。

 

白髪予防シャンプー

白髪シャンプー

シャンプーと言えば、頭皮や髪の汚れを落とすものですが
最近では、白髪予防ケアに役立つシャンプーも見かけるようになりました。
中でも注目したい成分はヘマチンとキャピシル。

 

ヘマチンには黒いメラニン色素を作るための酵素の働きを活性化する作用があるため
これから生えてくる白髪を予防する効果があるといわれています。
また、育毛効果も期待できるので、抜け毛が多くて気になる時や、薄毛、ボリュームがでにくいなどの髪に悩み人も役立つ成分です。

 

キャピシルは、育毛成分なのですが
同じように、発毛効果が期待できる成分ミノキシジルの3倍の効果があると言われています。
年齢を重ねた女性の髪は、ホルモンの関係もあって、細くなりがちで、コシもなくなっていきます。
やはり、髪の発毛サイクルが正常に保たれるのは、きれいな髪の条件の1つだと思います。