胃で効く乳酸菌

 

ヨーグルトは腸で効いて、乳酸菌を増やし
お通じがスムーズになるように働きかけるのかと思っていましたが
最近は、胃で効くヨーグルトというものも見かけます。

 

胃で効くヨーグルトと腸で効くヨーグルトは
それぞれにメリットがありますので
胃で効くのか、腸で効くのかを見て選ぶのがポイントになります。

 

胃で効くヨーグルトとは

腸に悪玉菌がいて、悪さをする、というのは聞いたことがあると思います。
実は、胃の中にも悪玉菌がいるのです。
それが「ピロリ菌」。

 

胃炎や潰瘍の原因になると言われています。
ピロリ菌は抗生剤を使うことで除菌ができるのですが
ピロリ菌に汚染される前に、胃を健やかに保とう
という研究から生まれたのが「乳酸菌OLL2716株」。
「LG21」というヨーグルトのことでです。

 

胃酸に強いため、胃の中で活動ができ
ピロリ菌を退治する乳酸を作ってくれるため
ピロリ菌を弱めることが可能なのだそう。

 

明治 プロビオ ヨーグルト LG21 ドリンク

 

明治 プロビオヨーグルトLG21

 

腸で効くヨーグルトとは

腸で効く乳酸菌に「LB81乳酸菌」というのがあります。
お通じを正常に保つように働きかけてくれる乳酸菌です。

 

腸の中には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌がいますが
悪玉菌が多いと、日和見菌がくっついて状態を悪化させますが
善玉菌が多いと、日和見菌がくっついて状態を良好に保ち
臭いも軽減されます。

 

悪玉菌を減らして、善玉菌を増加させてくれるのが「LB81乳酸菌」。
腸内環境を整えてくれるわけです。
でも、食べるのを辞めてしまうと元に戻ってしまいます。
正常な腸内環境を保つためには
継続することが欠かせない条件になります。

 

腸内環境を良好に保つ、ということは
免疫力を低下させないことにもつながります。
それはつまり、病気にかかりにくい状態だということになります。

 

明治 ブルガリアのむヨーグルトLB81プレーン

 

明治 ブルガリアヨーグルトLB81 プレーン

 

ヨーグルト1日の摂取量

食べる量に決まりはありません。

 

毎日、おやつとして食べてもいいし、夜食に食べてもOK。
ヨーグルトは、1日のうちで、どの時間に食べるのが良い
という決まりはありませんが
ヨーグルトで有名な明治では、朝にまとめて食べることをおすすめしているようです。

 

朝に食べることで
眠っていた空っぽの胃を冷たいヨーグルトで刺激すると
腸が動き出して、気持ちの良い排便を促すともいわれています。

 

ヨーグルトドリンク 固まったヨーグルトは効果が同じ

ヨーグルトには、固まっていてスプーンで食べるヨーグルトと
ドリンクタイプのヨーグルトがあります。
どっちがいいのかな~と迷ってしまいますが
どちらも100g当たりの乳酸菌の量は同じようです。
食べやすいほうで摂り入れ、日にちを開けずに継続するのがおすすめです。