シートマスクの選び方

 

一言に、パック・マスクと言っても様々な種類があり
その効果は違ってきます。

 

パックは週末にとか
特別な日の前にとか
そういう人もいるかと思いますが
毎日使えるパックもあります。

 

肌の調子がいいからパックはしない
という人もいれば
パックをしてもあまり変わらない
という人もいるかも知れません。

 

どういう時に
どんなパックを使えばいいのかをまとめました。

 

水溶性シートマスク・パック

毎日でも手軽に使えるのが水溶性シートマスク。
水溶性の美容性をシートにしみ込ませたマスクです。

 

美容成分は、密閉することで浸透力が高まる
という性質があるので
シートマスクは有効に使いたいところ。

 

美容成分が浸透しやすくなっている
お風呂上がりのきれいな肌に使うのがおすすめ。
夜に使う事で
眠っている間に修復される肌細胞の働きを
底上げすることに役立ちます。

 

しわに役立つ成分
シミに役立つ成分
それぞれ、目的別に選ぶこともできます。

 

目の部分がくり抜いてあるもの
目の部分まで覆えるものもありますが
目の部分がくり抜かれているシートマスクは
目の部分が乾燥しないよう
美容液を塗るようにしましょう。

 

シートマスクが染みる時は
肌が荒れている可能性があります。
お肌が荒れていると
化粧水など、水溶性の化粧品全般が染みるかと思います。
そんな時は、シートマスクを休んで
クリームなどで保護することを意識しましょう。

 

シートマスクは
どちらかと言えば
お肌の調子がいい時に使いたいマスク。
調子よさを維持する目的で使うのがいいかと思います。

 

プリュシートマスク口コミ

プリュEGFディープモイストマスクは、しっかりとしたコットンシートに
保湿成分・美白成分の他、EGFなども配合された高級志向。
業務用なので、お手頃価格。毎日でも使えます。

●詳細⇒プリュEGFディープモイストマスク

●⇒プリュEGFディープモイストマスクの口コミはこちらです

 

クリーム状フェイスマスク・パック

水溶性の美容成分と
油溶性の美容成分がミックスされていて
お肌の乾燥が気になる時に便利なのが
クリーム状マスク。

 

お肌が乾燥に傾いている時は
お肌の水分も油分も減っていることが多くあります。

 

油分が少ないから
水分が逃げてしまう
ということです。

 

こういう時は、お肌の艶も失われがちなので
水分と油分を一度に補うことができる
クリーム状マスクを使うのがおすすめです。

 

お風呂で洗顔した後に使えば
流すのも簡単だし
肌がしっとりするので
化粧水前のブースター効果も期待できるかと思います。

 

人気の塗るパック

豆乳よーぐるとぱっく玉の輿は
水溶性と油溶性の美容成分で保湿ができるだけでなく
肌表面のこびりつき汚れもオフ!
しっとりと明るい肌へ導いてくれます。
たった5分!お風呂で使えるので便利です。

●詳細⇒塗るパック【豆乳よーぐるとぱっく 玉の輿】

●⇒豆乳よーぐるとぱっく玉の輿の口コミはこちらです

 

クレイマスク・パック

汚れを吸着する
クレイの性質を利用したマスクが
クレイマスク。

 

クレイが持つ性質はマイナス。
汚れが持つ性質はプラス。
お互いが引き寄せあう
という原理を利用していることから
肌がくすんで見える時や
肌表面の手触りが気になる時などにおすすめ。
透明感を醸し出し
つるつる肌に近づいていきます。

 

クレイが自然含有するミネラルは注目したいところ。
ナチュラルに肌に落とし込んでくれます。

 

お顔に塗って数秒で流せるものや
塗ったまま時間をおいてから流すものがあります。

 

エレクトーレマスク

エレクトーレのクレイマスクは
たった10秒でOK。
洗顔後に、お顔に塗って
10秒したら流せる手間なしタイプなので
面倒くささがないのがうれしい♪

●詳細⇒エレクトーレ
●⇒エレクトーレクレイマスクの口コミはこちらです

 

炭酸パック

炭酸の性質を利用したマスクが炭酸パック。

 

炭酸を肌に塗ると
二酸化炭素が血液中に届き
一時的に酸欠状態になります。
そうすると
多くの酸素を取り込もうとするため
血液循環力が高まり
それに伴って
凝り固まった老廃物も一緒に流してくれます。

 

結果
顔のむくみが緩和されて
すっきりしたり
また
炭酸が毛穴の汚れを浮かせてくれることから
毛穴の詰まりやポツポツが解消されることも。
肌のくすみにもいいかと思います。

 

1剤と2剤を混ぜて使う炭酸パックが主流ですが
混ぜないで使える炭酸パックもあるので
好みでセレクトできます。

 

アプロス炭酸パック口コミ

アプロス泡立つホワイトパックは、混ぜない炭酸パック。
ボトルから出てきたジェルを塗ると、次第に泡になるので手間いらず。
お風呂で、洗顔後に使っています。

●詳細⇒セルフューチャー「泡立つホワイトパック」

●⇒アプロス泡立つホワイトパックの口コミはこちらです

 

マスク・パックを使う時は
どうなりたいのか?
どうしたいのか?
を考えると
どのタイプがいいのかがわかってきます。

 

マスク・パックを使うのは
外からのケアとして美肌に近づくものですが
視点を変えれば
肌は、体の細胞が作るもの。

 

つまり
外からのケアだけでは
根本的な解決にはならない!
対処法でしかない!
ということです。

 

年齢を重ねれば重ねるほど
体の中からのケア
細胞からのケアは
大切になってきます。

 

食生活・睡眠・運動
この3つだけは意識したいところです。

 

●参考記事⇒これさえ知っていれば健やかにイキイキ!実は3つの基本があった