糖化予防

 

糖化という言葉を耳にするようになってきました。
血液中に糖が多くなると、余分な糖がたんぱく質を結びついてしまい
それが老化につながることがわかってきました。

 

体の中では、血管がもろくなってしまうため
血液循環力が低下して、体のあちこちに障害がでやすくなり
体そのものが冷えやすくもなります。

 

肌においてもいいことはまったくありません。
コラーゲン繊維を壊してしまうため、肌の弾力が失われ
ハリを感じにくくなってしまいます。
また、老廃物の代謝がスムーズに進まなくなるため
シミやくすみの原因にもなり、透明感が失われて行きます

 

以前は、活性酸素の増殖が老化を加速する
と言われていたのですが
それに加え、糖のとり過ぎも老化を加速させてしまうのですね。

 

糖化の原因

糖化は、糖分のとり過ぎが原因になります。
ご飯や麺類も糖です。
糖をとれば体の中で消化され代謝しますが
その時に、余分な糖がでてきます。
それが、体の中をゴゲさせてしまう、と言われています。

 

糖を控えるのが望ましいのですが、それだけではありません。
毎日口しているアレもコレも老化を加速させているのです。

 

AGEとは終末糖化産物(Advanced Glycation End Products)、すなわち「タンパク質と糖が加熱されてできた物質」のこと。強い毒性を持ち、老化を進める原因物質とされています。
老化というとすぐに思い浮かぶのはお肌のシミ・シワや認知症などかもしれませんが、それだけではありません。AGEが血管に蓄積すると心筋梗塞や脳梗塞、骨に蓄積すると骨粗しょう症、目に蓄積すると白内障の一因となり、AGEは美容のみならず、全身の健康に影響を及ぼしていると言えます。体のあちらこちらで深刻な疾病を引き起こすリスクとなるAGEを体内に溜めない生活・減らす生活を送ることが大切です。

*出典*AGE測定推進協会

 

そして、たんぱく質と糖が過熱されると
毒性を持つ終末糖化物(AGE)という物質が発生します。

 

糖化予防食事

とんかつ

パンケーキやトーストは、きつね色に焼けると、とてもおいしそうですよね。
しかし、実はこのきつね色こそが終末糖化物。

 

とんかつや焼き肉、焼き鳥など、揚げたり焼いたりした時の動物性脂肪分に多く含まれるのです。

 

子供の頃、「焦げた部分を食べるとガンになる」
という言葉を聞いたことがあるのですが
体に良くない部分であるのは間違いないようです。

 

調理法として、終末糖化物を避けるには
「煮る」のが一番いいようです。

 

飲み物では、清涼飲料水に使われている人工甘味料が要注意。
人工甘味料は、ブドウ糖の10倍のスピードで
終末糖化物を生み出してしまうようです。

食べる順番

食事での血糖値は、急激に上がるのを抑え
緩やかに上げるようにするのがいいと言われています。

 

ご飯が好きな人は、ご飯から食べたくなるかと思いますが
糖から食べ始めることになるので、血糖値を急激に上げてしまうことになります。

 

食事の時は、食物繊維を含む野菜類から手を付け始めると
血糖地の急上昇を抑えることに役立ちます。
その後は、汁物や煮物、魚、肉など。
ご飯は、最後に手を付けるのがおすすめです。

 

料亭などで食事をすると、最初からご飯は出ずに
最期の頃にご飯や麺類がでてきますが
糖化を抑える食べ方としては理想ですね。

 

糖化から体を守る方法

では、日常の生活の中で
糖や終末糖化物から体を守る方法はあるのでしょうか。

 

もちろん、糖を減らすのが望ましいのですが
それ以外にも
運動をしたり、新陳代謝を高めることで対応することができます。

 

軽めの運動をする

苦しさを感じる運動よりも、軽めの運動をするのが効果的。
マイペースでのウォーキングや犬の散歩など
楽しみながらできる運動がおすすめです。
ラジオ体操やストレッチなどもいいかと思います。

 

新陳代謝を高める

年齢と共に低下してしまうのが新陳代謝。
軽めの運動は、新陳代謝を高めるのに役に立ちます。

 

終末糖化物が増えた体内では
酵素が、終末糖化物を排出しようとするのですが
酵素が活発になりすぎると、線維芽細胞やコラーゲン等を壊そうとして肌に影響がでてきます。

 

新陳代謝を高める方法として、プラセンタサプリメントがあります。

 

プラセンタそのものに新陳代謝を高める作用があることや
線維芽細胞生成力を高めてくれる作用も期待できます。
また、アミノ酸が豊富なことからコラーゲン生成にも役に立ちます。

 

●⇒急激な血糖値上昇は老化を招く 糖のとり方で老化を防ぐ