シミ抜き美容液

 

ビーグレンCセラムを選んだ理由

最初にビーグレンCセラムと出会ったのは
美白トライアルを使った時。
そろそろ本格的に、アンチエイジングを始めよう
と思った時でした。

 

トライアルを使い終わった時の
肌感触が良かったので
継続してみることに。
化粧品は、使っている在庫があったので
全部を一度に変えるのではなくて
美白美容液だけを変えてみたのです。
そうしたら!

 

肌くすみが消えた

 

肌くすみが消えた美容液

 

目の下にあったあざのようなものは
くすみとシミだったようです。
この変化に驚いちゃって
その後、ずーっと使い続けています。
やっぱり、効果が目に見えると
辞められなくなりますね。

 

ビーグレンCセラムの口コミ

シミ美容液口コミ

 

透明で美容オイルを思わせるテクスチャー。
無香料。
お顔にのせると、ほわんと温かくなって
お?って感じなんだけど
これは、Cセラム美容液が浸透している証なんだとか。
ちょっとだけぬるっとする感じで伸びていきます。

 

両手でお顔を包み込んで
ハンドプレスしてじっくり入れ込むと
すっと入っていく、そんな印象。

 

デメリットはただ1つ。
ピュアビタミンCなので
保湿は得られない、というところ。

 

言い換えれば
シミ消しに特化しているので
その作用は強力だということなのです。

 

なのでこの後には
保湿美容液やゲルクリームなどを塗っています。
そして、使い続けた結果が
くすみもシミも消えた!!

 

ビーグレンCセラムの濃度は7.5%!
一般的な美容液には
濃度の記載がないので
その濃度を知ることは難しいですよね。
医薬部外品扱いの化粧品でも
その濃度は
3%未満のものが多いことを考えても
ビーグレンCセラムの濃度はかなり高いんです。
だから、その結果が目に見えるんですね。

 

ビタミンCの効果はというと
一番には、抗酸化作用。
紫外線を浴びれば活性酸素が増殖して
それがシミの原因になるわけですが
ビタミンCを塗ることで
活性酸素の増殖を抑えるため
シミになりにくい!
そして、できてしまったシミの美白力も期待できるのは
私のくすみとシミが消えたことからもわかります。

 

抗酸化力を実験してみた

ビーグレンCセラムにはどれくらいの抗酸化力があるのか
りんごを使って実験してみました。
切ったりんごをそのまま放置すると茶色く変色しますが
それは、酸化するからです。

 

ビーグレンCセラムに抗酸化力があるのならば
りんごの切り口に塗れば茶色く変色しない
と思ったからです。

 

Cセラム抗酸化力

*真ん中あたりは塗っていません

 

ビーグレンCセラムを塗ったりんごと
何も塗らないリんごを放置して
茶色く変色する具合を比較してみた結果は一目瞭然!

 

ビーグレンCセラムを塗ったりんごは
ほとんど茶色く変色していませんが
切ったままのりんごは茶色く変色しています。

 

ビーグレンCセラムを塗ったりんごを触ってみると
みずみずしさがありました。
そのまんまのりんごの表面はぱさぱさしていました。

 

ビーグレンCセラムの抗酸化力は本物ですね。

 

●⇒ビーグレンCセラム詳細

 

 

ビーグレンホワイトクリーム1.9の口コミ

ホワイトクリーム1.9口コミ

 

さてさて、美白という意味では
ハイドロキノンも人気ですよね。

 

ハイドロキノン美容液もありますけど
ビーグレンCセラムの後に
ビーグレンホワイトクリーム1.9(ハイドロキノンクリーム)を使ってみました。

 

肌くすみが消えた美容液

 

ハイドロキノンクリーム使用後

 

目の下にあったシミが目立たなくなっていることに加え
肌全体に透明感もでてきました。

 

ビーグレンCセラムだけでも美白力は高いけれど
更に!を求める場合は
ハイドロキノンクリームをプラスすると効果的です。

 

●⇒ビーグレンホワイトクリーム1.9詳細

 

ビーグレンホワイトトライアル

 

ビーグレン化粧品は、365日返金保証付き。
Cセラム、ホワイトクリーム1.9
それぞれ単品で使うこともできるけれど
ホワイトケアトライアルならば
どちらも使えて
化粧水や洗顔もお試しできます。

 

<ホワイトトライアルセット内容>
・クレイウォッシュ(洗顔料)
・キューソームローション(化粧水)
・Cセラム
・ホワイトクリーム1.9
・モイスチャーリッチクリーム(美容クリーム)

 

お肌に合わない時は、返金していただけますよ。

 

●⇒ビーグレンホワイトトライアルセット詳細

 

世界特許の浸透技術を使っている

肌に合った化粧品
今、自分に足りていない成分をプラスすることで
大抵の場合、肌がいい方向へ変わっていきます。

 

ビーグレン化粧品のすごいところは
世界特許取得の浸透技術を使っている
というところ。

人肌で万人の共通点として、自分が出す皮脂や汗以外は、異物と判断して侵入を妨げる!という性質があります。
そのため、いくら高価な美容成分を塗っても浸透しにくく、低分子化したりナノ化されたりされます。
でも、本来は異物なため、なかなか思うように浸透せず、潤ってもその場限りで、時間がたつと乾燥してしまう、、、という結果に。
つまり、美容成分を異物と判断されず深部まで届けるためには、確実に届ける浸透技術が必要になってきます。
ビーグレンが使っている浸透技術は、医療分野でも使われているものです。

歯医者さんで治療をする時に麻酔をすることがありますが
注射麻酔の前に塗る麻酔をしています。
塗っているだけなのに
すぐに効きますよね。
注射麻酔の痛みを感じなくなります。
その塗る麻酔に使われているのが浸透技術です。

 

ビーグレンは
塗る麻酔の浸透技術を
化粧品に応用しているのです。
化粧品は、浸透しなければその意味をなしません。
ビーグレンだけしか使えない技術を使ってるから
その効果が目に見えるのですね。

 

●⇒ビーグレンホワイトトライアルセット詳細

 

ハイドロキノンの安全性

美白化粧品を使った人に、白斑症状がでたことで話題になっているロドデノール。
原料物質によるこのような症状は、20年位前にもあったのに、どうして商品化されたのか疑問ではないですか?
原料物質は、「ラズベリーケトン」
食品の香料にも使われているんだとか。
ラズベリーケトンに水素を結合させるとロドネールになるそうです。

 

ある化学薬品メーカーで、ラズベリーケトンの製造作業をしていた従業員3人に白斑の症例があったのは1990年前半。
3人のうち2人は、2年たっても回復しなかったとのこと。
このことは、論文で報告されています。

 

ロドデノールが承認申請されたのは2006年。
論文を引用して申請したにも関わらず、2008年に承認。
さまざまな議論は経ているようですが、疑問点も多いのは事実。

 

下記のような指摘もあったようです。

 

「ラズベリーケトンで、接触皮膚炎などの報告はないか。」
「顔につけて日にあたると事情が変わる場合もある。」

 

論文が報告されているにも関わらず、よく議論されなかったことも原因の一つのように思えます。

 

皮膚科で処方される美白成分に、ハイドロキンがあります。
化粧品に配合されているものも見かけるようになってきました。
ロドネールとハイドロキノンは、まったく別の成分。
皮膚科で処方されることを考えても、その安全性はわかると思います。

 

ハイドロキノンは、50年以上前から使われている、信頼性の高い美白成分。
ドクターによっては、7%濃度のハイドロキノンクリームを使うこともあるんだとか。

 

ハイドロキノンの効果は、多くの研究で証明されていて
アメリカの皮膚学会でも、シミの治療に効果的な成分として認められています。

 

日本では、ハイドロキノンを化粧品に配合する場合
5%未満であれば副作用の報告はないようですが
濃度は高ければいいというものではなく
濃度が高くても浸透しなければ肌上に残る部分が多く肌荒れの原因になることもあります。

 

濃度が適度にあり、浸透すればシミの変化は期待できる成分だと思います。
私が使っているビーグレンのホワイトクリームexは、濃度は1.9%。
決して高い数字ではないですが、浸透することで5%濃度のハイドロキノンに匹敵する効果を得られます。

 

何でもそうですが、新しいものってよく見えるので、すぐ飛びつきたくなりますよね。
でも、化粧品の場合、直接お肌に使うものですから、新しいものよりも信頼のできるもの!
これが一番じゃないかと思います。

 

●⇒ビーグレンホワイトトライアルセット詳細