化粧崩れ予防法

 

きれいに塗れたファンデーションも、午後になると崩れてきてしまう。
夏はもちろんですが、季節を問わず悩まされる女性も多いかと思います。

 

絶対崩さない!というのを売りにしているファンデーションも見かけますが
人肌は常に代謝をしているので、まったく化粧が崩れない!っていうことはあり得ないと思っていいでしょう。

 

でも!
化粧崩れを最小限に抑えることは可能です。

化粧崩れ予防法

 

汗をかけば、肌とファンデーションの間に汗の層ができるし
皮脂が分泌されれば、肌とファンデーションの間に皮脂の層ができます。
これが化粧崩れの原因になります。

 

化粧崩れを最小限に抑える外からのケア法は4つ。
ファンデーションを盛りすぎないことと、化粧下地!
プラス、過剰皮脂を抑えるための保湿ケアを怠らないことと毛穴ケアです。

 

ファンデーションを盛りすぎない

ファンデーションは、盛れば盛るほど化粧崩れしやすくなります。
特に、汗をかく夏は、肌とファンデーションの間に汗の層ができやすいため
化粧崩れがしやすくなる季節。
気付いたらファンデーションがはげていた!ってことにも。

 

ファンデーションを薄めに塗り、フェイスパウダーで抑える程度にすると
化粧崩れは最小限に抑えることが可能です。

●⇒肌に合ったファンデーションの選び方 肌質で違う!パウダーファンデーション・リキッドファンデーション

 

保湿ケアで過剰皮脂を抑える

湿気があることから、夏は乾燥しない!と思い込んでしまいがち。
潤っているという勘違いから、保湿ケアを怠ってしまうこともあるかと思います。

 

エアコンが効いている室内にいるとわかりやすと思うのですが
汗ばんでいたりすると乾燥を感じにくいけれど
エアコンの中にずーっといると、顔も腕も脚も、かさかさしていることが多いもの。
そうすると、人肌は皮脂をだして肌を守ろうとします。
肌の自己防御反応です。

 

それは顔肌も一緒。
それが化粧崩れの原因になります。

 

潤いが足りていない肌は、化粧品の吸着力も低下しやすく、これもまた化粧崩れの原因に。

 

潤い洗顔

洗顔は汚れを落とすものですが、必要以上に潤いを奪ってしまうと
肌は乾燥に傾き、それを補うために皮脂が分泌されやすくなります。
ごしごし洗顔を避け、優しい洗顔料で、優しく洗顔をするのがおすすめです。

●⇒泡洗顔は時代遅れ!今は洗浄成分ゼロで落とす時代

 

保湿効果がある化粧下地を使う

化粧下地にも保湿効果があると、過剰な皮脂が分泌されにくくなります。
毛穴や小じわの悩みがある時は
シリコン系の化粧下地がおすすめです。
肌の凸凹を目立たなくしてくれるので
毛穴や小じわも目立ちにくくなります。

●⇒毛穴の開き・詰まり解消法 毛穴をカバーする化粧下地があった!

 

1つ1つ試してみてくださいね。