ファンデーションで顔がかゆくなる

 

顔がかゆくなることってありますよね~
いつもと同じスキンケアなのに、ファンデーションも同じなのに、なんだかかゆい・・・
お化粧をしていると、ぼりぼりとかくわけにもいかず、ストレスを感じたりも。

 

お顔って、どうして痒くなるのでしょうか。

お顔がかゆくなる原因

いつもと同じスキンケア、同じファンデーションなのにかゆい場合、かゆくなる前のことをチェックします。

 

昨日ピーリングをした・・・とか
紫外線をたくさん浴びてしまった・・・とか
たくさん汗をかいた・・・とか
お顔を剃った・・・とか

 

こういったことが、お肌に刺激を与えている可能性もあります。

 

お肌の状態は、いつも同じではありません。
ちょっとしたことで肌ストレスを感じ、乾燥しやすくもなります。

 

季節的なこともあります。
季節の変わり目、特に春先にお肌が不安定になることが多いようです。

 

花粉が多くなってくることや紫外線が強くなってくること。
寒さから解放されるのはうれしいけれど、寒暖の差も大きい季節は
体もお肌もなかなかついていけず、不安定なお肌になってしまうことも。

 

私の場合、初夏に痒くなることがありました。
今思えば、汗をかきはじめる季節の入り口に、肌状態も不安定だったのでしょう。

 

お顔が痒いのは、ある意味お肌のSOSだから、痒みなどの違和感を感じたら、まずは保湿!
しているつもりでも、肌奥までしっかり届かないのが保湿なのです。

 

お肌のSOSを無視していると
その結果、いつも使っている化粧品がしっくり馴染まなくなることもあります。

 

上記のようなお顔がかゆくなる原因が思い当たらない場合、ファンデーションが原因になっていることもあり得ます。

 

ファンデーションで顔がかゆくなる

お顔全体がかゆくなる場合、ファンデーションに敏感になっているのかも知れません。

 

そんな時は、パッチテストをしてみるといいでしょう。
二の腕の柔らかい部分にファンデーションを塗って、ばんそうこうでカバーし、濡れない様にします。
お肌に合わない時は、赤くなります。

 

赤くなった時は、そのファンデーションは使わないようにしましょう。
皮膚科を受診した方がいい場合もあります。

 

また、スポンジによる刺激でかゆくなることも。
洗わずに使っている人は、雑菌の繁殖も考えられますので、スポンジやブラシはこまめに洗って使いましょう。

 

お肌の刺激になる成分としては、界面活性剤や香料・防腐剤の種類などがあげられます。
お肌が敏感に傾いている時は、こういった成分を含まないパウダー系を使ってみるのもいいかと思います。

 

体の内側に目を向ける

上記は、ファンデーションを変えてみる、という対処法ですが
体の内側の変化が肌ストレスを与えている場合もあります。
ストレスは病気の原因にもなるし、肌荒れの原因にもなります。

 

ストレスを感じると、ビタミンCが大量に消費されることから、肌荒れを起こしやすくなります。
ビタミンCは体内で合成できないビタミンなので、食事で補う必要があるビタミン。
普段から摂取量が少ないと、ストレス緩和に大量に使われるため、肌にまで届かなくなります。

 

ビタミンCが不足した体内では、抗酸化ビタミンが不足していることで、活性酸素が増えまくってしまいます。
肌荒れどころか、体調も不安定に。

 

自立神経バランスが乱れてしまうことも、肌荒れの原因になります。
ファンデーションを変えても治らない場合、体の中の問題なのかも知れませんね。

 

足りていない栄養素を補い、体の中からお肌を変えていく。
実は、これが一番賢い方法だったりします。
健康な素肌は、健康な体からしか生まれないから。

 

顔がかゆい、などの肌荒れは、実は健康のバロメーターで
気を付けてよ~というSOSでもあるのです。

 

年齢を重ねるほどに、ビタミンC不足は深刻。
食事で摂りきれない時には、サプリメントで補うのもおすすめです。
ビタミンCサプリメントは比較的安価で、手が出しやすい価格になっています。

 

しかし、栄養素にはバランスというものがあります。
ビタミンCだけを補って、それで快方へ向かえばそれでいいのですが
そうではない場合は、足りていない栄養素が他にもある、ということになります。
そういう場合は、人の血や骨、筋肉や細胞など、あらゆる臓器を生み出すプラセンタがおすすめです。

 

ビタミンCを始めとする各種ビタミン・ミネラルや、肌構成成分のアミノ酸。
細胞を活性化するEGFやFGFなどのグロースファクター。
多くの栄養素を持つプラセンタは、神秘のサプリメント。
抗酸化作用も高く、健やかな素肌作りに貢献してくれます。

●⇒女性の元気サプリメント ぐったりがなくなって肌の調子もよくなったプラセンタ